快適な睡眠のススメ

こんばんは

 

明日から東ティモールレアメタル資源輸出協定のため出張です。

ビジネスで世界を股にかけ、

そして自炊カルボナーラにはめんつゆをかけるジョン前田です。

 

 

快適な睡眠のための情報を記載します。

 

--------------------------------------------------------

◆はじめに

睡眠は、人生の3分の1を占めます、と言われますが

現代人で8時間も寝る人なんざ、中学生でも少数派でしょう。

しかし、6時間と考えても、4分の1を占めます。

(もっと少ない人もたくさんいますが)

 

今回は、睡眠時間が少なくなるような長時間労働社会を考えるのではなく

いかに快適な睡眠を得るか、という視点から説明します。

(情報は、高級家具店スタッフさんから聞きました)

 

 

◆今回、紹介する寝具

・シーリー http://www.sealy-bed.co.jp/

・シモンズ http://www.simmons.co.jp/collection/bed

・レガリア http://www.regalia-sleep.com/

フランスベッド http://www.francebed.co.jp/

・アクティブコア http://www.activcor.jp/index.html

・ティエドール http://www.idc-otsuka.jp/item/item2.php?id=futon15

 

◆現在の自分の睡眠環境

フローリングに、無印の3つ折りマットレスを敷いて

その上に使いすぎてペチャンコになった敷き布団を敷いて寝てます。

敷き布団は、もう10年近く使ってるかも。

 

正直、寝心地がいいと感じない。

クッション性が低いため、腰に負担がかかっている。

 

◆自分にあった寝具の見分け方

・腰と首が浮かないようにする

身体を横から見ると、腰と首は少し反っています。

固い床にそのまま寝ると、腰と首が浮いてしまい、そこに負担がかかる。

 

そのため、寝具に横になった時に

腰と首もきちんと、マットレスに触れるモノを選びます。

 

実際、柔らかいマットレスだと、

体重がかかりやすいお尻と肩の部分が沈んで

腰と首がしっかりマットレスに支えられ、

マットレスと身体の隙間がなくなります。

 

実際に、店舗で体験したら、かなり心地良かったです。

 

◆マットレス

マットレスは主に2種類あります。

(スプリングの連結型or独立型など

 他にも色んな違いがありますが、ここでは割愛)

 

【スプリングマットレス】

いわゆる、普通のマットレス。

スプリング(バネ)が入っています。

ex) シーリー、シモンズ、フランスベッド、その他ブランド

 

【ノンスプリングマットレス】

バネのないマットレス。

巨大なスポンジみたいなもの。

環境負荷が低いが、歴史がまだ浅く

種類やシェアも少ないため、全体的に値段高め。

ex) アクティブコア、レガリアの一部

 

【ブランドによる違い】

・堅め

シモンズ、フランスベッド

日本の敷き布団に似た感覚。

日本のホテルにも多い。

 

・柔らかめ

シーリー、レガリア、アクティブコア等

敷き布団と比較すると、かなり柔らかい。

身体が沈むイメージ。

外資系ホテルに多い。

 

◆ベッドフレームとボトム

・ベッドフレーム

いわゆる、マットレスを置くフレームです。

下に引き出しがある方が収納は増えますが

通気性が悪くなりがちなため、要注意です。

ボトムに比べて、マットレスからの反発が若干増します。

 

・ボトム

マットレスを支えるための、土台です。

こちらにもスプリングが入っているため

マットレスと重ねることで、さらにクッション性が増します。

こんな感じです。

http://www.regalia-sleep.com/product/regalia-blue.html

 マットレス下の脚付きのマットレスみたいな部分がボトムです。

 

◆掛け布団と枕

マットレス以外の寝具で、掛け布団と枕も重要です。

 

【掛け布団】

まず、軽いものが良い。

重いと、身体の毛細血管が圧迫され、冷えの原因になったり

寝返りを妨げてしまい、疲れが取れづらい。

 

羽毛布団のような軽いものがベスト。

(上等な羽毛布団は、10万超えしてしまいますが)

 

いい羽毛布団だと、保温力が高いため

一枚で春・夏(猛暑除く)・秋を過ごせます。

冬も、重い毛布でなく、タオルケットを掛け布団の上から

掛けるだけで充分だそうです。

 

実際、ティエドールの15万くらいする羽毛布団を触ってみましたが

めっちゃ軽かったです。

その掛け布団で寝たら、絶対気持ちいいはずです。

 

安物のポリエステル掛け布団と重い毛布で

寝る自分が悔しくなりました。

 

 【枕】

私は普段、枕を使用しません。

先に説明したように、首が浮かないように

枕を使用しますが、マットレスが身体にフィットすれば不要だそうです。

 

枕だけオーダーメイドする人もいますが

それよりも先にマットレスを変えた方が良いようです。 

 

◆ベッドメイキング

 マットレスには、敷きパッドを敷いて

その上からシーツを掛けます。

 

敷きパッドはポリエステルよりもコットン製の方が

吸湿力が高く、さわやかな寝心地になります。

 

◆メンテナンス

年に数回、上下を逆にします。

(ここでの上下は、裏返す事で無く

 表面のまま、180°回転させることです)

 

マットレスの寿命は10-15年程度。

--------------------------------------------------------

 

ここまで、色々書いてきましたが

是非、一度家具店などで体感されてみてください。

 

あまりの違いに驚くはずです。

値段は確かに高いですが、人生の4分の1を占め

かつ、身体のコンディションの非常に重要な

睡眠にお金をかけるのは、長期的に見て

良い投資のはずです。

 

僕は、ブランドもののバッグや財布なんかに

数万円・数十万円かける方が理解に苦しみます。

 

コスパのいいものだと

マットレスとボトムのセット(シングル)で

10万円を切るモノもあります。

 

自分もお金を貯めて、1年以内には買いたいと思っています。

 

 

以上です。

アナタの快適な睡眠のお役に立てれば幸いです。

 

いい寝具でいい女と寝たいなぁ。。。