冷やし中華始めました

暑中見舞いよりも、金が欲しい。

金欲しいし、働きたくない。

 

200年後の地球からやってきました。

アナタの血は何色ですか?

 

俺のプリケツは世界遺産、ジョン前田です。

 

私の趣味と言えば、献血くらい(61回実施)だったのですが

最近は音楽も趣味になりました。

 

来月、初めてのライブにも行きますし

ドラムも始めました。

 

なんか冷やし中華みたいな言い方ですが

まだ8ビートもふわふわしてる程度です。

 

ドラムセットを全部買うお金も場所も無いので

スネアドラムだけ買おうとしています。

 

先日、御茶ノ水にドラムを見に行ったんですが

ビンテージのスネアドラムというのが

販売されていました。

 

やはり、高いんですけど。

1960年代の品で10万超えとかします。

 

恐れ多くて、試打できなかったのですが

いい音が出せそうです。

 

自分が今、買おうとしているのは

PearlのRHCP・チャドスミスモデルなんです。

 

25,000円くらいで手が届きます。

 

ただ、最近のスネアドラムの大半は台湾製。

昔は、米国でも製造されていました。

国産もありますが、6万円以上など

台湾製の数倍します。

 

また、素材もスチール100%ではなく

アルミが少々混ざっているもの等もあり

音のまとまりが良いものもあるそうです。

 

そんな感じでもうすぐスネアドラムを購入するのですが

まぁ、音がうるさいのヘッドを消音メッシュに変えないといけません。

 

練習は、近所のスタジオに行けば、ドラムセットで練習できますが

超基礎の練習にそこまでお金もかけれらないわけです。

 

スネアドラムと、スタンド付きの練習パッドをハイハット

見立てて練習していこうと思います。

 

解説動画はYouTubeにたくさんありますし。

 

バンドのライブ映像をYouTubeで見るのもなかなか楽しいです。

 

元々好きだった、ONE OK ROCK凛として時雨

SlipknotRHCPなどを見てますが

最近は、ラルクの動画を結構見てます。

 

最近見た中で、ぬぉおすげぇって思ったのが

READY STEADY GO の速いVer

 

 

 

ベースとドラムのリズム担当がすごいです。

 

ここまで叩けるようになるのは

どんくらいかかるんでしょうか。

 

習得のためには、1万時間費やすことが必要など、よく聞きます。

 

今の働いている生活環境で、極力優先しても

相当時間がかかりそうです。

 

まぁ、焦りすぎず、楽しみつつやっていきます。

 

近所に、ドラム経験者いねぇかな〜