【新生活】物件探し・部屋作りのコツ

冬、マジでしんどいわ〜

 

寒いだけで、やる気とか行動力とかお金とか色々すぐに無くなる。

 

あー、新垣結衣と同棲できねぇかな〜〜

2LDKの部屋で、自分の時間は大切にしたいという理由で、それぞれ部屋があるけど、寝るときはどっちかの部屋で一緒に寝るっていう日々を過ごしたいなぁ。

良い寝具でいい女と寝たいなぁ。

んで、朝起きたら絞りたてのグレープフルーツジュースを一緒に飲むねん。

 

 

乱世の叫びが俺を呼ぶ!!

21世紀の救世主、こう見えて肩関節は結構柔らかいジョン前田です。

 

 

時期も2月ということで、物件探しや引っ越し準備の方々もおられるではないでしょうか。

 

そんな迷える子羊の皆さんのために、前にNAVERまとめで書いた引っ越しに関する記事を転載します。

 

 

 

【1】部屋探しに関して

 

◆◆結論、チェック項目◆◆

私の理想は、一言で言うと、「ストレスが極力たまらない部屋」です。

 

部屋探しの際は、複数の下記チェック項目を確認します。

 

 

■バス・トイレ別

■防音

■日当たり (窓南向き)

■屋根付きベランダ

■給湯機能

■収納

■築年数

■鉄筋コンクリート

■駅近い

■都心へのアクセス

宅配ボックス

■キッチンの大きさ

■室内洗濯機置き場

■インターホン

■階数

■都市ガス

■ドアと階段の位置

■物件専用のゴミ捨て場

■大通りに面してない

■独立式の換気扇

■最寄り駅が複数路線

■街の雰囲気

■住む街の場所

■部屋の広さ

 

条件は人それぞれですが、自分の経験から上記をリストアップしました。

もちろん、これをすべて満たした物件に住むには、非常にお金がかかります。

 

では、それぞれ条件について、説明します。

 

--------------------------------------------------------

 

(1)バス・トイレ別

これは重要。

バス・トイレ別とユニットバスの両物件に住んだことがありますが

分かれていた方が良いです。

 

セパレートの時も浴槽にはほとんど浸かりませんでしたが、

便器の横でシャワーを浴びるのは少しストレスになります。

 

毎日のことなので、重要視しましょう。


--------------------------------------------------------

 

(2)防音

これも重要です。

 

鉄筋コンクリート造では、ほぼ聞こえません。

鉄骨造は、時々聞こえます。

 

大学生のいる物件だと、飲み会の音なんかも聞こえるので、気になります。

 

木造には住んだことはないですが、聞いた話では生活音もかなり聞こえるそうです。


--------------------------------------------------------

 

(3)日当たり(南向き)

洗濯物が乾きやすいです。

 

日光が部屋に入ると、明るくて気分も良くなります。


--------------------------------------------------------

 

(4)屋根付きベランダ

ベランダがないと、洗濯物が干しづらいです。

 

時々、屋根が無いベランダがありますが、急な雨で洗濯物が

ビショ濡れになることを防ぐため、屋根はあった方がいいです。

 

また、ベランダがない物件は、布団が干しづらいです。


--------------------------------------------------------

 

(5)給湯機能

お湯の温度が設定できる機能のことです。

 

この機能がないと、お風呂は毎回お湯と水の量を調整して適温にしなければなりません。

これが毎日となると面倒なので、機能付き物件をオススメします。


--------------------------------------------------------

 

(6)収納

私自身、所有物は極力減らすようにしていますが

やはり、現代の資本主義の中で生活すると、モノが増えます。

 

収納ゼロの物件も時々ありますが、

使わない寝具やスーツケースくらいは、収納できるスペースが欲しいです。

 

ちなみに、古い物件をリフォームした場合は、押し入れが収納になっているので

クローゼットよりも収納力が多い場合があります。


--------------------------------------------------------

 

(7)築年数

部屋はリフォームできますが、古い物件は水回りも古いのでオススメはあまりしません。

水圧が弱かったりします。

 

平成生まれの物件に住みたいです。

 

水回りでは、

キッチンの排水溝のパイプがS字になっているか確認しましょう。

 

S字でなく、ストンと直線上に落ちるパイプだと、臭い防止のため、

排水溝にフタの仕組みがあって、水の流れが非常に悪くなります。


--------------------------------------------------------

 

(8)駅近い

駅へのアクセスは近い方が便利です。

通学・通勤で使用するのであれば、尚更です。

 

目安は、徒歩1分=80mです。

真夏の炎天下や、真冬の雪が降る日も歩く・自転車に乗ること等を考えると

10分以内におさえたいです。


--------------------------------------------------------

 

(9)都心へのアクセス

繁華街や会社、学校へのアクセスの際に重要になります。

 

学校は都心に無い場合も多いですが

会社の多くは、都心にあります。

 

通勤は週5日かつ往復なので

ストレスが溜まらないように、近くに住むことをオススメします。


--------------------------------------------------------

 

(10)宅配ボックス

EC利用の多い人には助かります。

 

社会人だと、基本週末しか家に長くいないので、再配達も週末に調整しないといけません。

しかし、週末は外出する場合もあるので、あれば便利です。


--------------------------------------------------------

 

(11)キッチンの大きさ

料理するな、と言わんばかりの小さなキッチンがあります。

 

自炊を全くしないと割り切る人以外は

少し余裕のある大きさのキッチンがオススメです。

 

キッチンスペースをさっくり分けると4つです。

①収納

②ガス・IH部分

③シンク

④まな板とかおける部分

になります。

 

①収納

 大きいほうがいいです。

 上下にあると楽。

 

②ガス・IH

 1口サイズを置ければ、問題ありません。

 料理好きな方は2口置ける広さで。

 

 過去に住んだ物件は2口置けるスペースありましたが、一口ガスコンロ置いた隣に炊飯器置いてました。

 

③シンク

 広いほうがいいです。

 洗いものだけでギュウギュウになると洗いづらい。

 鍋とフライパンを同時に洗う時とか面倒です。

 

④まな板とか置くスペース

 

 普通に平らな部分は、結構見落としがちですが、重要です。

 まな板を横における幅があれば理想

 

 物件によっては、全くこのスペースがないこともあります。

 

 

また、キッチンスペースに出窓みたいな、

少し高くなっていて、洗剤やカップなんか置ける部分があると、なおいいです。


--------------------------------------------------------

 

(12)室内洗濯機起き場

部屋の中に置けた方がいいです。

 

ベランダやドアの前は、夏や冬が面倒です。

 

設置場所が無い場合はコインランドリーになりますが、

そもそも数が少ないのでオススメしません。

 

洗濯物がかさばりますし、週に数回コインランドリーまでの往復は非常に面倒です。


--------------------------------------------------------

 

(13)インターホン

受話器が無くて、いきなりドア開けると防犯上危ないです、特に女性は。


--------------------------------------------------------

 

(14)階数

1階は、虫が多かったりします。勿論、周辺環境によりますが。

 

ベランダ開けて、外歩いている人と視線合ったら嫌ですよね。

防犯面も含めて。

 

なので、2・3階以上に住みましょう。

 

なお、エレベーターがある物件が6階以上なので

5階建ての物件で5階に住むのは、階段昇降が面倒ですよ。


--------------------------------------------------------

 

(15)都市ガス

プロパンガスは、クソ高いです。

 

電気コンロ(蚊取り線香みたいなやつが熱くなる)は論外です。

過熱が遅すぎます。


--------------------------------------------------------

 

(16)ドアと階段の位置

階段を上がる音は地味に聞こえます。

 

安い物件のドアは、遮音性低いです。

 

叩いて、金属音が響くようなドアは遮音性が低く、

逆に、叩いてゴンっと鈍い音しか出ないようなドアは遮音性が高いです。


--------------------------------------------------------

 

(17)物件専用のゴミ捨て場

ゴミはいつでも捨てられた方が楽です。

生ゴミは、あまり部屋の中に放置したくないですから。

(勿論、臭い防止のため、ビニール袋に入れて結びますが)


--------------------------------------------------------

 

(18)大通りに面していない

窓が国道沿にあると、トラックがうるさいです。

夜中もバンバン走ってますから。

 

洗濯物干してる時に、通行人に見られたくないですし。


--------------------------------------------------------

 

(19)独立式の換気扇

風呂の換気扇が電気と連動してないこと。

独立してないと、換気扇つけてる時も電気つけっぱなしになり、

電気代もったいないです。


--------------------------------------------------------

 

(20)最寄り駅が複数路線

移動手段として、電車を頻繁に使うのであれば、最寄り駅までの距離が近いだけでなく、最寄り駅が複数路線利用できる方が望ましいです。

 

トラブルや事故などで、遅れるのは都内の電車では日常茶飯事です。

5分程度なら問題ありませんが、場合によっては30分〜1時間、それ以上の場合もあります。

 

また、台風や大雪など天候条件で運転見合わせになることもあるので

天候に左右されにくい地下鉄が通っている駅がオススメです。

 

例えば、下北沢駅小田急線と井の頭線が通っていますが、どちらも地上路線です。

荻窪駅は、中央線と丸の内線が通っており、地上路線と地下鉄の両方を利用可能です。


--------------------------------------------------------

 

(21)街の雰囲気

駅周辺はある程度賑やかで、自宅周辺は静かであるのが理想です。

 

駅近くに、飯屋や飲み屋、遅くまで営業しているスーパー、

ドラッグストア、書店なんかがいろいろあると助かります。

 

街全体に店がほとんど無いのは、生活しづらいので

特に一人暮らしであれば、オススメしません。


--------------------------------------------------------

 

(22)住む街の場所

どの街に住むか、を考える際は

街の雰囲気や、会社や学校までの距離も考慮に入れるべきですが、

自分が休日に何をするか、も考えた方が良いです。

 

都心で人に会ったり、買い物する事が多ければ、都心に近い方がいいですし、

割とインドアなら、会社や学校に近い方がいいでしょう。

 

大学生に関しては、大学に近すぎる物件は、たまり場になる可能性があるので

気をつけましょう。

 


--------------------------------------------------------

 

(23)部屋の広さ

一人暮らしなら、6-8帖あれば十分でしょう。

間取りは1Kですかね。

ワンルームだと、キッチンが部屋に面する状態になり、キッチン周辺にモノを置けないので不便です。

 


--------------------------------------------------------

部屋探しの条件を説明しました。

自分は、ストレスの視点からバランスを取って部屋探しをしますが、人によっては一点豪華主義の場合もあります。

立地だけは最高に良いけど、狭くてボロいetc

 

自分の中で優先順位をじっくり考えてみてください。

 

--------------------------------------------------------

 

住む場所を決めると同時に、部屋の中をどうするか、も決めなければなりません。

 

 

【2】どんな部屋にするか

チェック項目

 

■布団 or ベッド

■デスク&椅子

■ラックや棚など

■服の保管

■PC

■PC関連用品

 


--------------------------------------------------------

 

(1)布団 or ベッド

<布団>

毎日畳んだり、敷いたりするのは面倒。

薄い敷き布団だと床固くて痛い。

和室で万年床になったら悲惨。

布団の下に薄いマットレスを敷けば、だいぶマシになる。

マットレスは無印で5,000円くらいで売ってる。

 

<ベッド>

ベッドは腰かけられて、下も収納スペースになるから楽。

圧迫感がある。

物体として大きいから邪魔ではある。

ベッド用のマットレスを床に直に置く人もいる。

 

自分は、今はマットレス+布団で寝ています。

ベッドは圧迫感が嫌で、かつベッド下の収納には、何も入れていなかったので、不要となり捨てました。

ただ、マットレス+布団だと、背中と腰が若干しんどいので、またベッドを買い直します。

 

どちらにしても、寝具で6-8時間の睡眠の質が大きく変わるので、寝具には金をかけてイイと思います。

 

--------------------------------------------------------

 

(2)デスク&椅子

自分としては、ノートPCの横で、本読んだり、ノートに書き込んだりできる広さが欲しいです。

床に置いてる小さなテーブルでは、書く作業をやろうとする気が出ません。

 

結果、導き出された幅は90-100cmが理想です。

これだけあれば、十分です。

奥行きは55-60cm。

スピーカー、ワイヤレスキーボードも置けます。

 

場所は取りますが、PCをいじったり、書くことが多い人は大きめのデスクがオススメです。

 

ただ、最近はデスクをまた小さいモノに変えようと思ってます。

 

 

椅子は、キャスター式のメッシュタイプが楽です。

通気性いいですし。

リクライニング機能もあれば嬉しい。

肘掛けもあるとなおよし。

背もたれが高いのも大事です。

 

デザイナーズ家具のイームズチェアみたいな椅子は

お洒落ですが、機能性が低くストレスが溜まり、身体が痛くなりそうなので

使いません。

 

※参考 イームズチェア

http://www.hhstyle.com/cgi-bin/omc?req=DIR&code=de0017


--------------------------------------------------------

 

(3)ラックや棚など

極力置かない方がいいです。

 

圧迫感が大きいですし、収納家具があると

モノがたくさん増えていきます。

 

置く必要がどうしてもあれば、胸の高さより低めのモノにしましょう。


--------------------------------------------------------

 

(4)服の保管

クローゼットとパイプハンガー使えば、ほとんどの衣類は、ハンガー掛けできるはずです。

Tシャツなんかを、洗濯の度にたたむのは面倒です。


--------------------------------------------------------

 

(5)PC

スペース、かつ持ち運びの場合を考えて、ノートPCにしましょう。

 

OSは、WindowsMacどちらでもいいと思います。

どちらも使ったことがありますが、日常的な利用には大差ありません。


--------------------------------------------------------

 

(6)PC関連用品

・マウス

 

 必須です。

 ワイヤレスにしましょう。

 

・プリンター

 

 就活生であれば、置いた方がいいでしょう。

 

 複合機プリンタ(印刷&スキャン&コピーの3機能)は不要です。

 無駄に大きくて、印刷以外の機能は、全くといって良いほど使わないため。(ソースは自分)

 スキャンは、コンビニにUSBメモリ持って行けば可能。1回30円〜

 コピーも10円。

 

 印刷機能のみのプリンターで問題ありません。

 

※参考 プリンターのアウトソーシングに関して

 

(1)コンビニのネットプリントでは、2MB以上のデータを印刷できない

    Wordはいけるが、画像を使ったりするPPTは、すぐに容量オーバーで不可

(2)USBメモリにデータを入れてのコンビニ印刷は

     Word、PPTに非対応。

     pdfに変換して印刷しましょう。

 

 

 ↓ お金とスペースに余裕があれば

 

①モニター

 

 いわゆるデュアルディスプレイにできます。

 ノートPCの11・13・15インチだと画面小さくて、ウィンドウを複数表示するのが難しいです。

 

 そんな時に、大型モニター(21〜27インチ)があれば、楽チンです。

 資料作成の時は、非常に楽。

 

 一部の企業でもデュアルディスプレイは採用されています。IT企業は特に。

 実際に、作業効率が上がる、というデータもあります。

 ただ、快適すぎてネットサーフィンのしすぎの恐れもあるので、注意しましょう。

 

 僕は、23インチ(2.5万円)を使っていました。

 画質に関しては、HDMI通信対応をオススメします。

 また、眼の負担が少ないノングレア液晶モデルがベターです。

 

 ただ、15インチとか別に大きくないモニターは、買わないのが無難です。

 15インチモニターとノートPCの画面の両方を見ないといけなくなり、疲れます。

 

②キーボード

 

 デュアルディスプレイにするなら、別途キーボードは必須です。

 文章では説明しにくいのですが

 ノートPCを真正面において、大型モニターをその横に置き、ノートPCのキーボードで 入力してる人がいます。

 これは、正直言って、デュアルモニターの本質を見誤っています。

 本来、大型モニターを正面に置いて、その横にノートPCを置いて、別でキーボードを正面に用意して入力するのがベスト。

 

 前者の使い方だと、大型モニターを見るときに視点をずらさないといけなくて、首が疲れます。

 大型モニターを正面に置けば、ノートPCの画面に何か表示する必要もないので

 ずっと正面だけ向いていればよく、楽です。

 特に、ワイヤレスの必要性はないです。小型で済むのが好きなだけです。

 

③スピーカー

 

 ノートPCの音質は、決して良くありません。

 映画などのDVDをPCで見るなら、あっていいと思います。

 DVDをTVで見るなら、正直不要です。

 BOSEで1万円強で購入できます。


--------------------------------------------------------

 

【まとめ】

物件探しの条件と、部屋の中をどうするか、の2点について簡単にご紹介しました。

 

条件の優先順位や、価値観は人それぞれなので

あくまでチェックリスト程度のご参考にして頂ければ嬉しいです。


--------------------------------------------------------

 

【参考】シンプルな部屋にする

私自身、部屋の中をどうするか、については

極力モノを少なくしたいと考えています。

 

その方が、身軽かつ、お金の節約にもなり

何よりも、お金で取引できない物事に集中できるためです。

 

そんな部屋の中をシンプルにするコツを

別記事で紹介してます。

 

是非、ご覧ください。

【21世紀型ライフスタイル】minimalism生活への9ステップ!!

URL↓

http://masa89112.hatenablog.com/entry/2014/02/09/141535

 

【参考サイト】

初めての一人暮らしの部屋さがしで注意したいポイント | nanapi [ナナピ]

 

【2ch】ニュー速クオリティ:引っ越すときの部屋探しのコツって何よ?