シンプルな部屋への考察

待望のふかふかベッドが届きました。

 

あとは、このベッドでいい女と寝るだけです。

 

梅雨の時期も、僕の股間は湿度0%!

ジョン前田です。

 

 

webなどで見る超シンプル(極限まではいかない)な部屋に憧れていますが、

自分の部屋は決してシンプルではない。

 

その差はなんなのか。

自問して、考えてみます。

 

シンプルな部屋と自分の部屋で何が異なるのか?

モノの量や大きさなどが関係あるでしょう。

 

①大きいモノ

・机 → いずれは小型にする

・ベッド

・懸垂スタンド

 

②多いモノ

特にコレクションしてるモノは無いはず。

 

③趣味で増えたモノ

・ドラム関係(スネアドラム、ツインペダル、練習パッドなど)

 

逆に、平均以下、シンプルに近い部分は

 

・服

・本

・食器類

などでしょうか。

 

減らしていけそうな部分は

 

・椅子 → 少し小型化

・ポリエステル掛け布団 → 羽毛布団に

 

 

最終的な目標としては、「多少、生活感のある独房」のような部屋にします。

部屋には、基本的に、ベッド、デスク、椅子しかなくて、その他はクローゼットに全部入っている。

衣類や、食器、本は、お気に入りを最小限で。

棚とかは特に無い。

 

スーツケース1つに所有物全て入れるのはきついけど、

スーツケースと、ダンボール3箱くらいに所有物を入れられるレベルに。