察して欲しいpeople

2年半で体重を15kg増やしました。

体脂肪率20%になってた。

しかし、バルクアップの増量段階では、脂肪がつくことを恐れてはいけない。

体脂肪率は高すぎだけど)

 

革命に犠牲は避けられない。

お茶の間ルネッサンス、ジョン前田です。

 

世の中、他人に求めすぎている人が多いと感じてます。

他人に期待しすぎなわけです。

 

自分が期待したことを、相手がしなかったら不機嫌になるような

自己中の極みです。

 

そのなかでも、「察して欲しい」と願う人種は非常に厄介。

個人の経験では言われたこと無いけど。

 

そんな察して欲しい人に関して、首がすわってない頃から

考えてたことが2つあります。

 

(1)傲慢さ

(2)想像力の欠如

 

下記詳細。

 

(1)傲慢さ

単純に、言いたいことがあれば言えばいい。

でも、何から何まで察して欲しいと望み、

察してくれないと不機嫌になるなど何様のつもりだ、と思う。

コミュニケーションを放棄する傲慢でしかないのでは?

 

(2)想像力の欠如

 

直接聞いたことないから、仮説だが

例えば、彼氏が察してくれない、と愚痴る女性に

「彼氏から、察して欲しいと言われたことはないのか?」と

尋ねると、「無い」と言う女性は一定数いるはずだ。

 

その女性たちに、

「彼氏がしてほしそうなことを察して、してあげているんですか」

と質問すると、「してるよ」と言う女性もある程度いるはずだ。

 

上記の

察してくれないと愚痴るが、自分は察してあげていると

考えている女性には

相手が察してほしいと思っていても、それを口に出していない可能性が

想像できていない。

 

察するという行為に関して

自分は全能で、相手はできていない

と思い込んでいる。

 

本当は、相手も察して欲しいと思っているかもしれないのに。

そこが想像できないから、想像力が無い人だな、と感じる。

 

-----------------------------------------------------------

 

日本には、以心伝心という言葉があり

言葉を介さずとも、相手がわかる関係を美化している。

実際に、そういう関係は悪くないと思うが

いくら仲良くても、毎日以心伝心ができるわけがない。

 

親しい仲だからこそ、ちゃんと考えは伝え合うべきだ。

 

喧嘩の原因は、突発的なことである場合は少なく

小さな不満の蓄積がどこかで爆発することの方が多いと思っている。

 

その小さな不満がの1つが

相手が察してくれない、ということではないだろうか。

 

家族、夫婦、カップルなど、長い時間を過ごす関係だと

言いたいことが言い合える関係にする努力を惜しまない方がいい。

 

 

 

 

話題は変わるが、与えられることばかり望んでいる人も多い。

パワースポット巡りとかする奴。

求めるより、与える側にシフトした方がいい気がする。