読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UIの重要性

つい先日、ipod nanoApple Storeで買うときに、Droneを見つけて
買ってしまいました。

 

www.parrot.com

 

屋内で数回飛ばして、落下したりしてるうちに
本体が起動しなくなり、壊れてしまいました。

使用したのは、10分くらいだけでした。

最新テクノロジーのDroneでさえも
私には適応できなかった。

初期不良ぽかったので、サポートに送りました)

 

生まれてくるのが500年くらい早すぎたのかもしれません。
いつも寝不足気味のタイムトラベラー、ジョン前田です。

 

UIの話をします。
ユーザーインターフェースのことです。

webサービスのデザインなどでもよく言われますが
アナログ製品でもUIは非常に重要だと考えています。

 

製品をどのように使えばよいか、わかりやすいデザインも良いUIですし
使い心地が良い、ということも優れたUIでしょう。

 

実際、自分がUIにこだわったものとして
寝具と椅子があります。

良いベッド、羽毛布団と椅子を昨年買いました。

 

実際、睡眠の質はやはり上がりましたし
起床後の身体が硬い感じも無くなりました。

椅子もクッション性がよく、座り心地も上々です。

 

寝具には20万、椅子には6万ほど費やしました。
かなりの出費ですが、後悔は全くありません。
(元々、かなりの安物を使用していましたし)

しかし、このことを同僚とかに話すと
寝具や椅子にそれだけの金額をかけることに驚かれます。
むしろ、理解されません。

 

しかし、そういう彼らにも高級なハイブランドの財布や
バッグを所有している人も少なくありません。

 

逆に、僕はそのようなハイブランドの製品を
買ったことがありません。
買う予定も無いです。

 

財布は500円のマネークリップで
バッグは、porterとGREGORYしか持っていません。

マネークリップは、それはそれで驚かれますが。

 

多分、自分と周囲の方々との金銭感覚は
そこそこ違っているのかなと感じています。

 

自分の感覚としては

・快適性を高める(ストレス減少)ためには金をかける
・それが長期間なら尚更
・性能と値段の乖離が大きい物は買わない

上記3つが、主たる軸になっています。

 

寝具や椅子も、長期間使用するものです。
寝心地や座り心地は、値段でかなり違ってきます。
UIが優れている、ということです。

 

勿論、高級品の中でも値段と機能の差が小さくなるラインは
あると思います。
2万と20万のベッドは全然違いますが
40万と60万のベッドの差は、そこまで無いはずです。

 

性能と値段の乖離は、いわゆるブランド品で顕著に表れます。

1000円のユニクロのバッグも
100万円のエルメスバーキン
入れられる容量に大差はありません。

 

時計なんて、100円から数億円まであります。
差が数百万倍あります。
時間を知るためだけなのにです。

 

逆に、メカ類は値段と性能はかなり比例します。

PCは処理性能などでかなり変わります。
自動車も、軽自動車とブガッティ ヴェイロンでは
100倍以上の差がありますが、走行性能はケタ違いです。
(最高速度300km/hを使用できるかどうかは別にして)

 

オーバースペックの場合も多いでしょうが
性能と値段が合致していれば、それはそれで
いいんじゃないかな、って思っています。

 

ではなぜ、値段と性能が一致しないブランド品が売れているか
というと、やっぱり見栄はあると思うんです。

いい大人だし、財布くらいいいモノ持ちたい
そう思う人は少なくないでしょう。
まぁ、今は女子中学生でもヴィトンの財布とか持っていますが。

 

そういう風な考え方で、UIがあまり変わらなくても
ブランド品を求める人は多いのはないでしょうか。

 

何でも安物で十分と言っているわけではありません。
自分自身、ユニクロは肌着くらいしか買いません。
バッグは、丈夫で使いやすいアウトドア系や
バッグ専門メーカーのものを買っているわけです。

 

 

そんな自分が、また優れたUIの製品を買いました。
(ここまで前フリ!!)

 

それは、キーボードです。
PFUHHKB Professional JP
です。(墨カラー)

 

Happy Hacking Keyboard | HHKB Professional JP | PFU

 

高かった、2.5万した。
ついでにトラックボール式のマウスも買った。

キーボードも、ネットでブラウジングしかしない人にとって
数万円も使うのは頭がオカシイとしか思えないでしょう。

 

しかし、自分はキーボードをたくさん入力する
プログラマーという仕事を生業にしているため
そこへの投資は十分妥当なんです。

 

今回は、自宅用で買って
これで、プログラムの勉強のモチベーションも上がるかな
と考えたのが理由です。

財政に余裕があれば、職場用のキーボードも買いたいのですが
それはちょっとキツかったです。

 

使い心地で言うと、かなり良いですね。

打鍵感が心地良いのです。
今までは、Macのワイヤレスキーボードを使用していました。
こちらも、傾斜が良かったりしたのですが
キーのストロークが浅いので
もっといいモノが欲しくなったのです。

 

個人的には、MacBook Airのかなり薄型のキーは苦手なんです。
打った感触が無く、机を指で叩いている感じがして
衝撃が指まで結構伝わります。

 

いやー、これは気持ちいい。
今日買ったのですが、この文章を書くときも使用しており
長文も苦になりません。

 

Macにも対応しています。(要ドライバインストール)

メーカーでも、種類が複数あり
JPモデルは、日本語/英語の切替が
スペースの両側のキーで、macと同様に可能です。

windowsだと、切替がEscの下になるので面倒なんですよね。

 

いい買い物でしたわ!

やっぱり金で良いUIを買うのは投資になりますよ!