読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールドジムに入会した感想

皆さん、こんにちは!

 

寒くなり、僕は身も心も財布も寒くなります。
しかし、例年に比べて身はそれほど寒くなりません。
なぜなら、トレーニングで身体が大きくなったからです!

 

その歯並びは神の造形、ジョン前田です。

 

今回は、筋トレ初心者の僕がゴールドジムに行って色々思ったことなんかを
書いてみたいと思います。

筋肉が全てを解決してくれるわけでは、当然ないのですが
世の7割くらいの問題はどうにかできそうです。


結論から言うと、
ゴールドジムに今すぐ入会してほしいんです!!

いきましょうよ、筋肉の向こう側に!


#目次
- トレーニングを始めた経緯
- ゴールドジムって?
- ゴールドジムのメリット・デメリット
- 健康の重要性
- 筋肉への誤解
- スポーツが苦手でも、筋トレを薦めたい理由
- 具体的なトレーニング
- トレーニングの成果(暫定)


# トレーニングを始めた経緯

2013年の春、こんな僕にもやっと物心が付き始めた頃
健康診断で、体重が49.7kgというショッキングな出来事が起きました。
ちなみに、身長が175cm、体脂肪率が13%でした。
俺のカラダ、スカスカやんか!?というレベルの数値です。
いや、人間性はスカスカなんですが。

元々、かなりの痩せ型で運動部でもなかったため、筋肉量は少なく
骨格も細いため、体重は以前から相当低めでした。

周囲の人間からも痩せすぎと言われ、どうにかしないとなーと悩み始めます。
とりあえず、少食だったので少しずつ食事量を増やしていきました。
2014年の春頃には、58kgぐらいになっていたと思います。

しかし、食事を変えるだけでは、ガリガリ体型から脱出することはできません。
夏になり、ジムに行くことを決意します。
この時に入会したのは、某大手スポーツクラブでした。
徒歩圏内にあったため、1年半くらい通いました。


プロテインも飲み始めました。
そんなこんなで、体重は65kgぐらいになりました。


2016年春、ジムは週1で欠かさず通っていたものの
若干ダレてきた感覚がありました。

オレはこのままでいいのか。。。

オレはいつから、こんな人間になってしまったんだ。。
前世から、、?
それとも
前前前世から、、?

www.youtube.com

 

代わり映えのしない毎日。
平日は、家と会社のピストン運動。
週末は家でゴロゴロしてることがほとんとで、人と会うことも少なく
イベントといったら、年に数回ライブに行くくらい。
(関係ないけど、フジロックは最高でした!)

www.fujirockfestival.com

 

刺激が欲しかったんです。
とはいえ、六本木のクラブに行くというような性分でもなく
悶悶悶とした日々が続いていました。

もっと強い刺激、さらなる負荷のため、環境を変えたいと思い、
定期圏内のゴールドジムに行くことを決めました。


# ゴールドジムって?

www.goldsgym.jp

端的に説明すると、アメリカで生まれたガチ勢のジムです。
アメトークでゴールドジム芸人特集があったこともあって、名前を聞いたことがある方も多いかと思います。

痩せたい、という目的のフィットネス感覚ではなく、きちんと鍛えたいという人が多いように思います。
多くのボディビルダーやアスリートにも利用されています。

 

定年過ぎたようなおじいちゃんでも胸板が厚くて
ベンチプレス100kgとか挙げています。

脚のトレーニングだと、重量が200-300kgの人もいます。
片手でダンベル50kgを挙げている人もいます。

もう身体のシルエットがおかしいです。
ここだけ、重力おかしいんじゃないかっていうくらい異次元です。

世の中のこんなにマッチョな人いるんだーって思います。

 

# ゴールドジムのメリット・デメリット

ゴールドジムと他のジムの何が違うか、というと大きく下記の2点です。

 

## トレーナー

まず、トレーナーがめっちゃマッチョなんです。
大手スポーツクラブと比べ物になりません。
実際、ボディビルのコンテストに出ている人もいます。

勿論、トレーニングの知識、経験も豊富です。

マンツーマンの指導は、別途料金が必要ですが
混んでいない時間帯だと、トレーナーに指導を受けることが出来ます。

 

## 設備

フリーウェイト(ダンベルやバーベル)でのトレーニングスペースが多いですね。
フリーウェイトはマシントレーニングよりも、フォームの重要性が増すため
その分、トレーナーの指導コストも増えるわけです。

それでもなお、フリーウェイトを充実させるゴールドジムのポリシーに感銘を受けます。

 


デメリットとしては、シャワールームしかなく大浴場でゆったり湯船に浸かることが出来ません。

他のジムと同様に筋トレエリアだけじゃなく、格闘技やエアロビをやっているスペースもあります。
営業時間は、朝から、夜遅くまで空いているので、他のジムと比較して通いづらいなんてことはありません。


# 健康管理における運動の重要性

 

食事、睡眠など健康管理に気を使っている方、多いと思います。

ただ、食事と睡眠に比べ、運動は意識的に行わなければいけません。
ハードル高いですよね。
運動に時間を割くために生活リズムを一部変える必要があります。

運動しないと、筋肉を鍛えることは出来ません。
運動せず過ごせば、20代以降は筋肉量は減っていくだけです。

 

駅でエスカレーターを使わず、階段を上がるだけじゃ、筋肉の減少を食い止めることはできません。
なぜなら、負荷が弱いからです。

働き出してから、運動は全然していないという方も多いのではないでしょうか。

球技は人が集まらないとできないため、ハードルが高いです。
一方、ひとりで出来るトレーニングは気軽に自分のペースで始めることが出来ます。

 

ジム通いが続かなそう、と心配の方。
学生時代の部活と比較すると、所要時間の差は歴然です。
週に1,2度、1.5時間くらいのトレーニング時間(着替え、シャワーなど含む)を確保するだけです。

ジャージと屋内用のシューズさえあればOKです。
さぁ、もう筋トレを始めない理由はありませんね。

むむ、、筋トレなんて、しなくていい??


# 筋トレへの誤解

 

筋トレ、というと苦手意識を持つ方も多いでしょう、
女性では、筋肉つけたくない、と思う方も多いでしょう。

いや、ちょっと待ってくださいよ!!
誤解ですって!

 

まず、筋トレの苦手意識について。
学生時代に球技が苦手で、運動に苦手意識がある人は、「筋トレはちょっと。。」
とお考えでしょう。

 

違うんです。
球技と筋トレは違うんです。
何より、自分一人でマイペースにできるってことが違います。

自分のペースで回数をこなして、自分のペースで重量を増やすことができます。
周囲についていけない、ということが無いんですね。
運動部で、スポーツできるからって、しゃしゃり出る奴なんていないんです。

 

実際、自分は学年でトップクラスの運動オンチでしたが、筋トレは欠かさずマイペースに継続できています。
ですので、運動が苦手な方でも筋トレはできるんです!

 

ハイ、次!
筋トレとか別にいいし、という女性いますよね。
筋肉つけたくない、ボディビルダーみたいになりたくない、という女性の方々。

ハッキリ言って、アナタはボディビルダーになろうと、どんなに努力してもまずなれません。


ボディビルダーは、人生を筋肉に捧げた人種です。
人生における優先度1位が筋肉なんです。
「金曜、恵比寿で合コンなんだー」、「あのバッグかわいいー」とか言ってる限り、まずなれません。
加えて、生まれつきの素質だってあります。
なので、ボディビルダーになってしまうというような心配は不要です。

 

筋肉つけたくない、というご意見に関して。
確かに、腕がすごく太くなって好きな洋服が着られなくなるかも、と心配でしょう。

ご安心ください。
まず、女性ホルモンの関係で筋肉の肥大は男性に比べて、どうしても筋肉が大きくなりづらいんです。

 

自分が理想とする体型になったら、それ以上重量を増やさなければ
予定以上に大きくなることはありません。

どうですか、安心ですよね。


# 具体的なトレーニング

ちょっとだけ、僕がジムで行っているメニューを紹介します。

- ベンチプレス
- 42kg * 10rep * 3set
- ハーフデッドリフト
- 110kg * 5rep * 6set
- レッグプレス
- 80/120kg * 10rep * 3set (マシンによって重量が変動)
- ショルダープレス
- 42kg * 12rep * 2set
- トライセップスダウン
- 40kg * 12rep * 2set
- クランチ
- 49kg * 12rep * 2set

胸が弱い!
ベンチプレスとハーフデッドリフトがフリーウェイト(バーベル)で、残りがマシンですね。
フリーウェイトをやるようになってから、明らかに筋肉の発達が以前より良くなりました。

ですので、ジムに行かれるなら、フリーウェイトのトレーニングもオススメです。

 

# トレーニングの成果(暫定)


ここまで色々書いてきましたが、実際どれだけ結果出たんだよ!と思われるでしょう。
3年ほど前と比べると、以下のような違いがあります。

3年くらい前 (恋するフォーチュンクッキーが流行っていた頃 ← そんなに前だっけ!?)
- 身長 175cm
- 体重 49.7kg
- 体脂肪率 13%

 

現在 
- 身長 175cm
- 体重 71kg
- 体脂肪率 22%

 

体重が20kg以上増えました!
小学1年生1人分くらい増えています。

おいおい!
でも体脂肪率もかなり上がってるじゃないか!
北欧の消費税率かよ!

 

わかります!
皆さんのその気持ち、お察しします。
事実、体脂肪は増えました。
以前はお腹が割とペタってしていたのですが、今はブヨブヨです。

 

かなりの食べごろBODYになってしまいました。
では、増えた体重はほとんど、体脂肪なのでしょうか。

 

ここで計算してみましょう。

体重(kg) * 体脂肪率(%) = 体脂肪量(kg)
体重(kg) - 体脂肪量(kg) = 除脂肪体重(kg)

 

◆トレーニング前
49.7 * 0.13 = 6.4 (体脂肪量)
49.7 - 6.4 = 43.3 (除脂肪体重)

◆現在
71 * 0.22 = 15.6 (体脂肪量)
71 - 15.6 = 55.4 (除脂肪体重)

 

体脂肪の増加分
15.6 - 6.4 = 9.2 (kg)

除脂肪体重の増加分
55.4 - 43.3 = 12.1 (kg)

 

合計した約21kgは体重の増加分と一致します。
体脂肪も9kg近く増えてしまいましたが
除脂肪体重も12kg増えました。

 

除脂肪体重とは、体脂肪以外の筋肉や内臓、骨などの総重量を指します。
20代後半のため、成長期は過ぎていることを考慮すると
除脂肪体重12kgのうち、筋肉の増加が占める割合は少なくありません。

 

となると、だいぶ増えましたよね。
いやー、時間かかった。

 

そもそも、この12kgは3年前まで、この宇宙には存在しなかった12kgなんですよ。
となると、僕は12kgの創造主ってことになります。。

 

ついに、神の領域に到達できました。
そう、筋トレならね!