幸せと不幸のインデックス

幸せとはなんでしょうか。

春の日差しが強い季節になってきました。
紫外線を吸収し、今年こそ腹筋と肌を板チョコのようにしたいです。

 

ポイントは貯めぬが、マイルは貯めたい。
久しく日本を出てない、ガラパゴス国民のジョン前田です。

 

ニュースで幸福な国ランキングなるものを見ました。

www.bbc.com

一位は、フィンランドだそうです。
トップ10は、ほぼ欧州。
日本は、54位。

worldhappiness.report


詳細のレポートを見ると、幸福度を判断する要素は以下が使用されています。

・人口あたりGDP
・社会的支援
・健康な平均寿命
・人生の選択をする自由
・性の平等性
・社会の腐敗度

社会支援や選択の自由が幸福度に繋がるのは割とイメージできますが、人口あたりGDPなんかは「幸福」と関係あるのでしょうか。

この指標は、マクロ視点が多いと思います。
つまり、国家全体をある指標で計っている、というようなものです。


自分は、もっとミクロな視点も必要と考えます。
つまり、個人が幸福な状態ならする行動を計測するつものです。

 

例えば、寄付などは自分に余裕がある人じゃないとできないでしょう。

勿論、節税の側面もあるため、寄付額だと金持ちにより平均が押し上げられるため、寄付件数などをカウントする必要があると思います。
(余裕がある=幸福、とまでは言い切れませんが、余裕、言い換えれば、安心感は幸福の大事な要素の1つでしょう)

 

ボランティアへの参加なども考えられるでしょう。

上記は簡単な例ですが、幸福が個人の行動に影響を及ぼすと考えれば、指標の候補として検討できます。

目立った行動でなくても、うまくいってるからこそ、離婚や中絶などの件数が減るということもあるでしょう。

 

しかし、このような寄付やボランティアも行動としては、弱い部類だと思います。多くの金、時間、エネルギーを必要としないからです。

 

幸福が故の行動で、強い部類のものは今パッと思いつきません。

 

視点を変えて、不幸について考えるとどうなるでしょうか。

 

不幸が故の行動とは、いったいどのようなものがあるでしょうか。
犯罪件数が多いのは、どう考えたって不幸な国です。

 

ミクロな視点で個人の行動で最も不幸な行動は何でしょうか。

私は、自殺と考えます。

ご存知のように、日本では、毎年3万人前後の自殺が起きています。
震災の犠牲者よりも遥かに多い人数です。
これを狂ってないとして、何が狂っているのでしょうか。

 

世界的に見ても、日本の自殺率は高く、WHOによれば、世界で13位だそうです。

english.cheerup.jp


このような自殺大国の日本では、ちゃんと社会に適応することが自殺候補者への第一歩なのかもしれません。

安楽死が認められている国もあるため、全ての自殺を否定するわけではありませんが、それは例外的なものと考えます。

個人の究極の不幸な行動を自殺とするならば、自殺の多い国は明らかな不幸な国と言えるでしょう。


また、不幸を別の視点で考えると、個人が何を信じることができるのか、というのも指標になり得るでしょう。

 

宗教も1つですが、信頼できるものである必要があるのは国家そのものです。

この世に清廉潔白な国家があるとは全く思いませんが、国家を少しでも信じられるものにするために必要なのは、自由な報道です。

報道機関は本来、国家を監視し、暴走しないようにすべき存在です。
報道が正常に働くからこそ、社会や国家の自浄作用が機能します。

しかし、日本は、報道の自由ランキングで72位でした。

rsf.org

 

評価団体が他にもあり、意見の違いはあるため、鵜呑みにはできませんが、決していい評価ではないでしょう。

 

www.newsweekjapan.jp


このように考えると、自殺が多く、報道の自由がない日本という国は、まさしく不幸な国と定義できそうです。

 

政府はいつも成長戦略と叫んでいますが、有限な地球で、全人類が拡大と成長を続けるのは、破滅へダッシュしていくようなものです。

拡大から成熟へのシフトも必要ですが、不幸の絶対量を減らすという意味で、自殺率の低下を目標として掲げてもいいのかもしれません。